大丈夫?税対策できてますか?

税金を減らすための対策をする

相続を受ける時、受けた人は相続税を払わないといけないかもしれません。一定の控除額があり、その控除額を超える相続資産があると払う必要が出てきます。あくまでも亡くなったときの資産が前提になるので、事前に資産を別の人に移転しておいたり、相続税の資産の評価の特例を受けられる資産に代えておくなどの対策が行えます。別の人に移転するのは生前贈与になります。贈与税は1年で110万円までなら課税されない仕組みを利用して、法定相続人になる人に贈与をしておきます。その他住宅や教育資金などならもっと多くの贈与を非課税で行える時もあります。現金だとそのままの額で課税されますが、生命保険にしておいたり不動産にしておくと、価値を減らして資産の計算ができます。

相続税を支払うための対策をする

相続税では3千万円の基礎控除があり、この額以内の資産なら相続税はかかりません。しかし明らかにそれを上回る資産があるなら将来税金がかかって納税する必要が出てくるかもしれません。亡くなった後10箇月以内に申告をして納税しないといけないので、納税資金の対策が必要になります。不動産が多い時、支払うのに十分な現金がないと不動産の売却が必要になります。納税用に一部を現金化するなどしておく必要があります。現金化をするときに利用するといいのが生命保険です。生命保険は受取人の固有の資産なので、被保険者が亡くなったとしても支払いが凍結されません。生命保険として一定の資金が受けられるようにしておくと、納税のためのお金に困りにくくなります。